ブラックリストって何?

借り入れを検討していると、色々と不安になることもあるかと思います。 返済計画立てたり、借り入れ金額をどうしようか、どこに借り入れの申し込みをしよう・・・など、決めないといけないことがありますからね。 今回は、借り入れを新たにする、もしくは初めてする人が興味のあるコトについてお話します。

ブラックリストという言葉が一人歩きをしている感がありますが、厳密にはブラックリストというものは存在しません。 ただ、「個人信用情報機関」という所に、あなたの基本的な個人情報や、借り入れ状況、そして返済状況などが記録されています。 ブラックリストに載るということは、この個人情報信用機関に返済の延滞や債務整理をするなどの事故情報が掲載されるということです。 この個人信用情報機関の情報は、貸付業者であれば照会することができますので、各業者はこうした情報を共有することができます。

そして、もちろん個人でも個人信用情報は確認することができます。 知らない内に、ブラックリスト入りしていて審査が通らなかったということもありますので、ご自身でどういった記録が残されているのかを知ることは、今後の人生設計にも役立つでしょう。

個人信用情報機関の記録を知るには、本人以外でも申し込みは可能です。 但し、その記録を受け取るのは本人に限ります。 本人開示制度によって、こうした機関には情報を開示する義務がありますので、断られるということはありません。

個人信用情報機関は複数あり、それぞれ開示手続きの方法が異なりますので、確認しておきましょう。

ちなみに、以下の名称となります。 ・全国銀行個人信用情報センター(KSC) ・株式会社シー・アイ・シー(CIC) ・株式会社日本信用情報機構

ちなみに、あなたの信用情報を受け取るには、インターネットか郵送か、もしくは直接訪問して・・・の3通りあります。

ブラックリストに載ってしまう規準というものは、明確には公表されていませんが、こうして確認することはできます。 定期的に自身の情報を信用確認しておくと、今後借り入れが必要になった時に、参考になるかと思いますので、ぜひ覚えておいてください。

ブラックリストって響きは何だか怖いですが、要は借りたお金は期日通りに返済すること! それを守っているのなら、あなたにとって不利な情報が貸付業者に伝わることはありませんので、安心してください。 もしも、ブラックリストに載っていたとしても、就職に影響するなど日常生活を送る上で第三者に漏れてしまうということはありません。 あくまで借り入れをする時のための判断材料として存在している情報なのです。

関連記事

    自己破産すると、いつまで借り入れができないの?

    ブラックリストに載っている間は、クレジットカードを作ることができなくなりますし、借り入れやローンも一切組むことができません。 ブラックリストというのは、正確には「個人情報信用機関」に破産した情報が掲載されています。 これには、掲載期間があり、だいたい7年程度だと言われています。 この期... 記事を読む

    自己破産すると今後どんな影響があるのだろう

    借りたお金は返済すること。 それは分かっていても、様々な事情があって、それが難しくなってしまうこともあるでしょう。 やむを得ず、借金を整理するために自己破産という選択をした人がいます。 自己破産は、借金の返済をしなくても良いと法的に認められるので、債務者を救済する措置ではありますが、ご存知の... 記事を読む

    無職だけど借り入れできる?

    そもそも無職の場合お金を借りる心配をするよりも、働き口を見つける心配をした方が良いのですが・・・。 まあ、そこは大目に見たとしても、無職の人、つまり収入の無い人にお金を貸す業者はありません。慈善事業でお金を貸しているところなど存在しないのです。 ただし無職であっても条件によっては... 記事を読む

    審査なしで借り入れ出来る?

    金融業者から借り入れをする際には、必ず審査が必要になります。 特に2010年に改正賃金業法が完全施行されてからは、総量規制が個人にも適用されましたので、審査なしに融資する業者は、まず違法・ヤミ金と思ってよいでしょう。 では何故審査が嫌ですか? 借り入れするのを家族や会社に知られた... 記事を読む

このページの先頭へ