自己破産すると今後どんな影響があるのだろう

借りたお金は返済すること。 それは分かっていても、様々な事情があって、それが難しくなってしまうこともあるでしょう。 やむを得ず、借金を整理するために自己破産という選択をした人がいます。 自己破産は、借金の返済をしなくても良いと法的に認められるので、債務者を救済する措置ではありますが、ご存知の通り、社会的な制限を受けることになります。

・ブラックリストに載る ・持ち家を手放す必要がある ・官報(一般人が見る機会はほとんどない)に掲載される ・破産者名簿に記載される(本人以外は見ることができない) ・自己破産が確定するまで(3ヶ月程度)弁護士や公認会計士などは資格の制限がある ・一度、自己破産するとその後7年は再度自己破産することはできない

上記の社会的なペナルティの中で、私たちの生活に最も影響することは「ブラックリストに載ること」です。 ブラックリストに載ると、借り入れやローンを組むことができませんから、お金が入用になった時には自身の収入以外には頼ることができません。



このページの先頭へ